2015年 11月 22日

転換期

d0110197_79067.jpg



今年も残ることあと一か月あまりですが、相変わらずの日々を送っています。写真も時々撮っています。最近は借り物のフィルム一眼を使っているのですが、スキャナーが壊れてブログにアップ出来ません。

小樽の案内も続けています。しかしここ一年案内している施設で「案内役になりませんか?」と幾度となく誘いを受けるようになりました。つまり愛する歴史的建造物に来館者として訪れるのではなく、一般客を案内する側になるというお話、正直戸惑いました。その上館内の案内役の方は一回り以上年上の方々ばかり、おそらく私が最年少。知識はおろか経験も足りないことは明らかです。
けれど小樽を愛する思いは地元の人にも負けないつもり。小樽を案内して20年余り、そろそろ案内の形も変えるいい機会なのかなと思いました。








[PR]

# by Blog_Maya | 2015-11-22 13:37 | diary | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 23日

糠漬け

d0110197_16350704.jpg


夏は毎年糠漬けが食卓に登場します。主人の好物でもあるので今年も胡瓜、人参、蕪、大根と色々漬けてます。
過去に苦手とは知らずに子供たちに毎日食べさせていた思い出があり、主人と二人だけでで食べていました。けれど今年は娘が「今なら普通に食べられるよ」というので三枚の皿に用意します。でも未だに娘のテーブルに置くときに申し訳ない気持ちがしてしまう私でした。


















[PR]

# by Blog_Maya | 2015-08-23 16:49 | 子育て | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 24日

ゼロからあがく

d0110197_14571067.jpg



 久しぶりに素象人形の制作をアップしてみました。といっても、これはデッサンを起こした後、初めて粘土を置いた状態。この段階では小学生の粘土細工みたいですよね。でもここから始まるのです。個展などでよく「彫るのですか?」と聞かれるのですが、実際は粘土を取ったり付けたりの作業。平面から立体にするにはここから3ヶ月から半年、悪戦苦闘の日々といっても過言ではありません。完成すると後は中抜きの作業、乾燥、焼成ですが、 今回は久々の二人像、完成は普段より倍時間が掛かります。

 
 
d0110197_14572378.jpg


今の段階で用いるのは主に彫塑ベラ、粘土ベラ、L字定規、定規は正中線を計るときに使います。あとはひたすらデッサン画とにらめっこで粘土に向かうだけ。正直作っていくうちに迷うこともあれば、間違いに気が付いて壊してしまうことも。
 思うに創るという事は気持ちを高めることが大事なのだと思います。集中力がないとアイディアが浮かびませんし、緊張感を持てなかった作業で納得できる作品が出来たことはありません。まだまだ納得出来る技量に到していないと自覚していますが、そのためには作り続けていくしかないのです。けれど無から生む楽しさは、苦しいけれど何に代え難いもの、大げさに言えば生きた証。だから私は一生あがくのです。



[PR]

# by Blog_Maya | 2015-07-24 21:00 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 20日

案内の原点



d0110197_09083980.jpg


 23年前 大阪から孫の顔を見に小樽に毎年姑が遊びに来て下さっていました。舅が亡くなった後、実娘の同居の誘いも断り一人暮らしを続ける姑に少しでも楽しんで貰おうと、毎年市内を調べまわったのを覚えています。今は足の調子が悪くなり、残念ながらお越し頂けないのですが、その時にご案内したコースは今 客人を案内する定番スポットとなっています。


d0110197_09090286.jpg


昨日姑が電話で「この間小樽の写真が出てきたの。いろいろなところに案内して下さって楽しかったのを思い出したの。」と言ってくださいました。


d0110197_09082491.jpg

 
 小樽の楽しい思い出を持ち続けてくださることを嬉しく思いました。けれど姑のお陰で私は小樽の歴史的建造物の価値を知りましたし、奥深さに気が付くことが出来たのです。姑を思ってしたことでしたが、結婚を機に移り住んだ街をよく知るきっかけとなったのでした。










[PR]

# by Blog_Maya | 2015-07-20 14:13 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 19日

鰊御殿

d0110197_09065808.jpg





d0110197_09072459.jpg
d0110197_09075151.jpg
d0110197_09073780.jpg
d0110197_09075671.jpg
d0110197_09080223.jpg
d0110197_09081539.jpg


一般のツアーでの館内の滞在時間は15分もないそうです。けれど私のツアーではこの建物の解説をして1時間は要します。それだけの価値がこの建物にあるのですが、なかなか観光業界の方々に浸透しないのが残念です。
[PR]

# by Blog_Maya | 2015-07-19 09:13 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 12日

忍路

d0110197_08082129.jpg
d0110197_08082700.jpg
d0110197_08083697.jpg
d0110197_08084245.jpg
d0110197_08084949.jpg
d0110197_08085498.jpg
d0110197_08085964.jpg
d0110197_08090712.jpg

[PR]

# by Blog_Maya | 2015-07-12 08:10 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 05日

増毛

d0110197_08205974.jpg



ここ10日間家族が順番に風邪を引き、外出出来ずにいました。引きこもり脱却とばかりに久々に昨日はドライブに誘われ、増毛に行っていました。ランチはこの甘エビ丼、よく見るとエビのたたき?を敷き詰めた上に無頭エビ、
そしてさらに有頭エビを重ねていて、本当に甘い甘いエビづくしでした♪


                                    
d0110197_08205162.jpg
                                       旧商家丸一本間家

明治14年から35年まで掛かって落成した町屋造りを基本とした旧商家丸一本間家は呉服問屋から酒蔵、鰊漁と手広く商売をしていた天塩國一の豪商の店舗と石蔵があり、贅を尽くした装飾品の品々が本物の遺産として今も残っていました。平成7年まで実際に住んでいたそうですが翌年増毛町に寄贈され、平成9年に増毛町有形文化財に指定、その後修復と展示向けの改装を行い北海道有形文化財、平成15年国の重要文化財に指定されたそうです。 
今の国稀酒造はここの本間酒造から移設し改名。 この足で立ち寄り、お土産に国稀買いました。








d0110197_08203481.jpg
                                             増毛駅

高倉健主演の映画 STATIONのロケが行われた所です。けれどそれを示すものが何もありませんでした。駅舎の右側はお土産屋さんになっています。


d0110197_15480243.jpg


ところでこの日は小樽から車で行きの約3時間、海沿いを走っていたのに10以上の長いトンネルを通ることになり、しかもそのうち4つは工事中でトンネル内で交互通行でしたので、すっかり運転手の夫は疲れてしまったようです。(トンネル内で止まるなんて初めての経験です)海も見られず、ストレスがたまった夫はちょっと遠回りですが北竜経由で帰ることにしました。幸い天気も良くなり180℃青空を眺めながらの帰り道でした。パノラマカメラでないのが残念。やはり暗いトンネルを通るより気持ちいいですね。北海道はちょっと遠出すると空が広いところに出会えるのです。久々に気持ちの良いドライブでした。










[PR]

# by Blog_Maya | 2015-07-05 16:21 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 18日

青空が似合う教会

d0110197_18142924.jpg




青空になったら訪れたいのはここ富岡教会。1929年(昭和4年)建築、正面玄関部のアーチから十字架を掲げた八角小塔に至るゴシック様式の壮麗な教会。木造一部鉄筋コンクリート造3階建て。2階の礼拝堂には色ガラスを組み合わせたアーチ窓から柔らな光が入り、神聖な空間を彩ってくれる。平成16年に小樽市歴史的建造物に指定。信者さんが手入れをされている花壇が訪れる者の目を楽しませてくれます。

























[PR]

# by Blog_Maya | 2015-06-18 18:32 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 08日

洗濯が好き     ※追記しました

d0110197_20574560.jpg



 今日は洗濯日和ではありませんが明日は雨の予報なので、せっせと洗濯をしました。私は手抜き主婦ですが、洗濯だけは別です。
一般の洗濯は勿論、主人のスーツも例外ではありません。今日は出張先で汗だらけになったブレザーを洗いました。汗は水洗いの方がきれいになります。今はウオッシャブルスーツというのが出回っていますが、従来のウール100パーセントのスーツも洗剤を選び、コツさえ掴めば洗えるのです。かなり前から子供達の制服もレーヨン素材のおしゃれ着,羊毛布団も自宅で洗っていました。なので我が家がクリーニング屋さんのお世話になるのは数える程。友人に驚かれた事もありますが、正しい知識と処置をしている限り失敗は少ないです。

 下の画像は洗った後「だら干し」というのですが、脱水をせずに袖や見頃を伸ばしながら立体ハンガーにかけて影干ししているところ。勿論水がしたたり落ちるのでお風呂場が向いています。こうすると水の重みで多少しわが伸びるので仕上げのアイロン掛けが楽になるのです。だら干しは形状記憶のワイシャツなら普通のハンガーでも一切アイロンせずに職場で普段着用できる位までしわが伸びます。




d0110197_20575250.jpg



 先日友人がクリーニング店よりダウンジャケットを引き取ってきたところに会いました。今はご存知の方も多いと思いますが、ダウンは水洗い出来ます。その上ドライより水洗いの方が汚れがよく落ちるので市販の中性洗剤で洗った方がいいし、アイロンがけを必要としない側生地が大半なので楽です。その話を彼女にもしたのですが、ちょっと勇気がないと躊躇うので来シーズン後実際に洗うプチ講習会の約束をしました。確かに最初は私も緊張しました。けれど知識と経験があれば自宅で出来るものと出来ないものを自分の中で分けられます。その上でクリーニング屋さんを上手く利用されるといいなと思いました

 今日は娘がデニムのシャツを鼻血で汚したと帰ってきました。あらかじめ洗面所で水洗いをしていましたが、やはりまだうっすらと残っています。血液のしみは手強い上にデニムの生地は色落ちしやすいので、一度の洗濯で全て落とそうとせずに数回掛けて落とすと説明しながら洗ってあげました。すると娘は「家に帰ればお母さんがいるから大丈夫だと思った」というのです。おだて上手だこと。いや、あなたも洗濯くらい覚えなさい!! 



追記
スーツをエ○ールで洗ってもいいのか、ダウンジャケットを洗濯機のドライコースで洗えるのかなど疑問に思われる方がいらっしゃいました。
スーツを洗濯するのはスーパーで売っている中性洗剤で洗えなくもないのですが、ウールの油脂分を取りすぎて洗濯を繰り返すうちに生地がパサパサになってしまう恐れがあり、オススメできません。私は家庭用のドライニング洗剤を取り寄せていますが、あくまで水洗いであり。注意点を守らないと縮んでしまいます。まずは失敗してもいい背広で挑戦してみるといいでしょう。
またダウンに関してはドライコースより手洗いの方が確実に汚れを落とすので、私は洗濯槽を洗い桶代わりにし襟や袖を部分洗いした上でダウンジャケット全体を洗い、脱水機能だけ利用しています。特に目立った汚れもなく洗うのでしたらコース洗いでいいのかもしれません。勿論中性洗剤を使ってください。ただし生地を傷めないように空気を抜いた状態で洗濯ネットに入れることをお勧めいたします。外套は2回すすぎでも洗剤分が残りやすいので、最後にもう一回多く濯いで脱水した方が安心かと思います。最後に脱水後はジャケットがペッチャンコになりますが、いじらずハンガーに掛け、乾燥後に両手でジャケットの端を持って振り、羽毛をほぐしてください。ドラム乾燥機能があればむらなくきれいにふくらみます。いずれにせよ中の羽毛までしっかり乾燥させてから仕舞わないと、翌年臭いがする恐れがあるのでご注意下さい。
















[PR]

# by Blog_Maya | 2015-06-08 21:33 | diary | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 29日

今年は小梅から

d0110197_22444526.jpg


 昨年 減塩梅干しの甘さが嫌で漬けた昔ながらの梅干しを漬けましたが、概ね好評でした。けれど主人が「カリカリの小梅も好き」というので、面倒だけれど今年は1キロだけ小梅を買いました。同じ1キロでも普通の梅のサイズに比べて小梅は数が多いので、なり口に付いているホシ(小枝)を取る作業が3倍手間なのです。

d0110197_22441732.jpg


 地道に爪楊枝でホシを取り瓶漬けにしました。ふう、老眼で小梅で10キロも20キロも漬けるのは無理だと思います。
カリッとしたのが好みだというので青梅で漬けました。これは重石が要りません。時々瓶ごと振って塩を回します。普通サイズの梅が出回るのは来月の半ば位。今年は2Lサイズの梅干しの他に娘が所望する梅サワーを漬ける予定。まだ2回しか漬けていないけれど梅作り、毎年の恒例行事になりそうな気がしてきました。











[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-29 09:04 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)